詩音遊館〜夢のなかに〜

アクセスカウンタ

zoom RSS アンドラーシュ・シフのピアノソナタリサイタル@オペラシティ

<<   作成日時 : 2017/04/08 09:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

3月から4月はイベントが立て込んでしまい、今疲れが来ているところです。

アンドラーシュ・シフのピアノリサイタルに行ってきました。場所は東京オペラシティです。
ピアノはベーゼンドルファーでした。
日にちは3月21日。
この日を選んだのは遺作から2番目の曲集ということでした。

演目は・・・
 ・モーツァルト:ピアノソナタ第17(16)番変ロ長調 K570
 ・ベートーヴェン:ピアノソナタ第31番変イ長調 op.110
 ・ハイドン:ピアノソナタ ニ長調 Hob.XVI:51
 ・シューベルト:ピアノソナタ第20番イ長調 D959

 モーツアルトはいかにもモーツアルトらしく、ベートーヴェンはメジャーだったので後期作品の暗さ重厚さはありませんでした。
 ハイドンに入って、ここから先がどこで終わったのかわからないまま、シューベルトに突入していました。
 ハイドンとシューベルトの区別がつかないなんて。長調ばかりだったせいかもしれませんが、随分長いと思っていたら、終わりました。

 感想としては、軽快で流麗な演奏ですね。ここまでピアノの音は軽やかに舞うのかという感じで、アシュケナージの端正さとはまた別の心地よさがありました。
 ただ、マイナーの曲も入っていてよかったなあと。休憩がないのがちょっとつらかった・・・。

 遺作に近い作品というと暗いイメージがありますが、死を迎える前には癒しを求めるので、癒し系の曲があるというのをこの前聞きました。そういう意味では、癒される曲群だったと思います。

 アンコールはたくさんありました。耳馴染みのある曲が入っていたので、楽しかった♪♪ 大いに盛り上がりました。

 
画像


 ◎カジモト ⇒ http://www.kajimotomusic.com/jp/artists/k=57/

 シューベルトの21番が聴きたかった。演目は全てはそろってないので、どれを優先するかですね。

 まだ生で聴いたことのない有名なピアニストにポリーニがいますが、今年75歳となるとどうなのかな? まだ1回くらいは聴けるかな? 昨年来日しているようですね。


♪シューベルト:ピアノ・ソナタ第21番変ロ長調D.960 / アンドラーシュ・シフ(ピアノ)
 


 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アンドラーシュ・シフのピアノソナタリサイタル@オペラシティ 詩音遊館〜夢のなかに〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる